Ubi caritas

sekich.exblog.jp
Top ;Log-in
忘れられない1週間
2017年 07月 19日 |
先週よく知る二人の方が同日に天に召されました。

Fさんは、関教会の会員で教会の執事でもありました。彼女は1年の闘病生活を経て、1週間前にホスピスに入られ、前日の日曜日には教会の礼拝に出席してくださいました。最期の時は静かにお母さんに看取られて逝かれました。

Kさんは、牧師の奥様でご主人のK牧師と共に長年の友人でもあります。僕にとって気を使うことなく付き合える方のひとりでもありました。最期はご家族が歌う讃美歌と御言葉の中で逝かれました。

共に葬儀の司式をさせていただきました。忘れることのできない1週間になりました。お二人とも信仰をもって召されて私たちに多くのものを残してゆかれました。
でも、悲しみは残ります。二人共に50代で人間的な思いからすれば、なぜ?もう少し長く…という思いもあります。

教会の葬儀の祈りのことばにこんなことばがあります。
「今はその意味がわからなくても、やがてわかる日が来ることを悟らせてください」。僕は今、この祈りをしながら歩んでいます。ご家族が支えられるようにとの祈りと共に。

奥様を送られたK牧師は前夜式の挨拶でこんなことばを語られました。
「家内が倒れた後、祈りの輪が教会に多くの人びとの間に広がっていたのを感じていまし た。牧師になってもうずいぶんになりますが、祈りの力、恵みというものをとても強く覚えさせられました。もう一度、祈り手として神さまは私を召されているのだと今、思います」と。
 たぶん、僕にとって忘れられないことばになるでしょう。

今週の月曜日には同盟基督教団のほくひ宣教大会(「ほくひ」は北陸・飛騨という意味)で講演をさせていただきました。150名弱もの信徒の方々が集まってくださいました。とても生き生きとした信仰をもって歩んでおられることに大きな励ましを受けました。
同盟教団の教会は古くから、飛騨・北陸地方に根をおろして、地道に教会の歩みを続けておられます。
皆さん、とても暖かく僕のようなものを迎えてくださいました。

今日からアメリカのアトランタに向かいます。
(普段はこんなにも忙しくはないのですが、不思議にも重なる時は重なるもので…)

 今日は家内の誕生日なのですが… m(_ _)m
b0218240_09155883.jpg

by rcjhashi | 2017-07-19 09:18 | etc |
<< ハラスメント #Church Too PageTop Remember 9.19 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Frame 3 Skin by Sun&Moon